交通事故による被害に対し慰謝料などを受け取ることを考えていくのであれば、後遺症認定についても知っておかなくてはなりません。
もちろん後遺症が無く事故によるけがそのものが通院や入院でしっかり治れば良いのですが、症状固定と言われてしまった後でも症状が回復しない場合や、今後の仕事にも支障が出てしまうといった場合には交渉によって見合った保証を受けることができます。

症状が軽い場合には後遺障害が認定されない場合があるので注意

しかしこの後遺症認定に関して、非常に多くのトラブルがあり、病院側でしっかりとした後遺症認定をしてくれないといった場合があります。
明らかに大きな障害が残ってしまったなどの場合には、後遺症として認定することができるのですが、そうでなく軽い痛みが残ってしまったと言った場合などには判断が非常に難しくなってくるため、自分で納得できるような後遺症認定をしてもらえないという人もいます。
後遺症認定に関しては医師が行うものですから、自分の判断で行えるものではなく保険会社が行うものでもありませんので、どんなに交渉したところで医師が発行してくれる診断書の内容が認定基準に当てはまるものでなければ後遺症として認定してもらうことはできません。
一般的に後遺症認定をしてもらうことができるのは、長期的な治療を行っていても回復が見られない場合やレントゲンやMRIなどといった撮影を行った際にはっきりと事故によるものだとわかるような症状がある場合、この他には完全に交通事故と因果関係が認められている症状、そしてもう一つは仕事に対しての支障が起きている場合となっています。
これらの基準をクリアしていなければ後遺症認定を行ってもらうことは難しくなりますから覚えておきましょう。
例えば事故が起きてからその時は痛くなくても2ヶ月後3ヶ月後になって痛みが生じてしまったといった場合には交通事故との因果関係が認められなくなってしまうため事故の後遺症として診断書を書いてもらうのが難しくなります。

後遺障害の等級は軽めに認定される場合が多い

また後遺症には複数の等級があるのですが、この等級に関しても医師は比較的軽めの症状で認定をすることが多いので、どうしても納得がいかないようであれば、改めて検査などをするため自分で病院側に掛け合うだけではなく弁護士に相談し弁護士側から病院側に話をしてもらうという方法も大切になってきます。
諦めず、しっかりとした後遺症認定をしてもらい、その後必要なだけの保証を受けたいと考えているのであればここで決して諦めることはせず、何度でも病院側に交渉を行って、後遺症認定をしてもらえるまで自分の症状はしっかりと訴えていかなくてはなりません。

後遺症認定が行われた後、保険会社から最終的に保証分の金額が支払われることになりますから、納得しないまま示談に応じてしまうことのないようにしましょう。