交通事故を取り扱っている保険会社というのは次々に増えている状態ですが、中には事故にあって通う病院を指定しているような保険会社もあります。
このように指定している場合には治療の打ち切りや症状固定をするタイミングなどが病院側と保険会社側で出来レースになっている可能性がありますので注意しなければなりません。
とはいえ、自分で病院を探して通っていくにも事故での通院というのは病院側から敬遠されてしまうような傾向にあり、診断書についても自分で満足できるような内容のものを作ってもらえない可能性もあります。
またこれだけではなく特に外傷的な骨折やその他大きな怪我などがない限り、治療打ち切りと判断されてしまうような場合には病院に通いたいと思っていてもこれ以上通っても仕方がないと病院側から言い渡されてしまうようなこともあるでしょう。
まだ痛いところがたくさんあるにもかかわらず、しっかりとした検査も行ってくれず非協力的だと思えるような医師や不信感を抱いてしまうドクターもいますので注意しなければなりません。
万が一自分が通ってる病院にこうしたような不信感を抱いた場合には、続けて通うことが難しくなってしまいますので、他の病院に転院したいと思うことがあります。

転院することにはメリットとデメリットがある

しかし保険会社と話し合いを進めていく中で病院を変えてしまうというのは良いことと悪いことの2つがありますので注意していかなくてはなりません。
まずメリットに関してはこれまで通っていた病院よりも転院した病院の方が良心的で検査や治療などを行ってくれるということがあります。
このようなドクターのいる病院を見つけることができれば、当然ながら診断書の内容も具体的なものが記されることになりますので、最終的な保証を受ける際にメリットになってくれるでしょう。
デメリットとして考えられるのは、転院後の病院がやはり同じく非協力的で、相談者が内容などについても思っているような内容を記述してくれないといった場合になります。
この場合、転院する前の病院と転院後の病院でのどちらのカルテも保険会社は開示することになっていますので、どちらの病院でも軽症だと言われているため保障もさほど受けられなくなってしまうといったケースがあるようです。

事前に協力的な病院か調べてから転院するのが最善

絶対に病院を変えてはいけないといった決まりがあるわけではありませんので、必要に応じて病院を変えることは可能ですが、前述した通り、メリットばかりではなくデメリットもしっかり考えながら病院選びをしていくようにしましょう。
どうしても転院を考えていくのであれば事前に協力的な病院かどうかを確認しておいた方が良いと言えます。
もし事故で通っている患者に対しても協力的で、なおかつ良心的な医師と評判の病院を見つけることができれば、保険会社での方向性とは全く別の方向性で話が進み、自分の中でも十分に納得できるような保証が受けられる可能性も高くなるでしょう。